ザイロリックで痛風を改善!

ザイロリックの効果について詳しく説明します

ザイロリックの効果について

ザイロリックの効果について

「痛風」という病気は、誰でも一度は聞いたことがある病気かと思います。

特に、足の親指などに激しい痛みを感じる、といった特徴は、よく知られていることでしょう。

おもに、生活習慣の問題から、かかりやすい病気と言われていますが、生活習慣の改善だけでは治すのが難しい場合に、治療でよく使用されているのが、「ザイロリック」という薬です。

痛風の原因となる、「高尿酸血症」の改善に有効であり、「尿酸生成阻害薬」にあたります。

ザイロリックの効果

ザイロリックは、「痛風関節炎」、「痛風結節」、「高尿酸血症」などに適応している薬で、基本的には「痛風」や、「高尿酸血症をともなっている高血圧症での、高尿酸血症」を正常化させるために、利用されているものになります。

痛風が原因での関節炎の痛みを緩和してくれますし、尿酸を溶かして尿酸値を減らすことで、結石が尿路や腎臓などに出来にくくしてくれるため、尿路結石の予防や、悪化防止などにも役立ちます。

高尿酸欠症になってしまう原因となる、「プリン体」や「ヒポキサンチ」、「キサンチン」などの生成を抑制する効果がありますので、それで尿酸値を下げることにより、痛風や、高尿酸血症の予防にも有効となっています。

このように、ザイロリックは尿酸を降下させてくれる効果があります。尿酸が生成されたりするのを抑制して、それが体内の尿酸の量を減らすことにつながっているわけです。そのため、「尿酸産生過剰型」の患者には、より有効だと言えるでしょう。尿で排出していく尿酸が減少するわけなので、尿路結石の合併症がある患者にも、やはり適していると言えます。

ザイロリックの成分

ザイロリックには、「アロプリノール(Allopurinol)」という成分が、含有されています。

アロプリノールは、痛風や、高尿酸血症に対する治療薬として用いられており、日本においては、「ザイロリック」といった商品名などで、取り扱われています。

「ヒポキサンチン」の構造異性体であり、「キサンチンオキシダーゼ」を阻害できる強い効果をもっているため、体内で尿酸が生み出されてしまうことを抑制し、高尿酸血症を改善・痛風の発生を予防する、といったはたらきが期待できる薬です。

高尿酸血症に対して使用される「尿酸コントロール薬」のうち、「尿酸合成阻害を行う」薬に分類されています。

ザイロリックの製造発売元

ザイロリックの製造発売元は、「グラクソ・スミスクライン(英語表記ではGlaxoSmithKline plcで、略称:GSK)です。

この会社は、本社がイギリスのロンドンにあり、ロンドン証券取引所や、ニューヨーク証券取引所にも上場している、大規模なグローバル製薬企業として、有名です。

日本においても、現地法人の「グラクソ・スミスクライン株式会社」が、存在しています。

何度か合併や買収を経たのち、最終的には、「グラクソ・ウエルカム」と、「スミスクライン・ビーチャム」が合併したことにより、「グラクソ・スミスクライン」となりました。

ザイロリックのほかに、おもな取り扱い商品の一例としては、「ボトックス」、「パキシル」、「バルトレックス」、「サルタノール インヘラー」、「アボルブ」など、有名な薬も多い会社です。

まとめ

ザイロリックの効果について、簡単にまとめてみますと、以下のようになります。

  • 尿酸値が高くなる原因の、「プリン体」を体内に過剰に抱え込んでしまうと、痛風が引き起こされやすいですが、血液中の尿酸値を下げてくれるため、痛風の症状悪化を防いだり、痛風発作を予防したりするために、使用されています。
  • 痛風以外にも、「高尿酸血症」や、「高血圧症」などにも、効果があるとされています。
  • 類似のほかの薬剤(フェブリクなど)にくらべると、費用対効果が優れている、とされているようです。